伏見のほうにある神社。祭神は国常立尊 (くにとこたちのみこと)、八千矛神(やちほこのかみ)、息長帯日売命(おきながたらしひめのみこと) 。
毎年2回、平安貴族の遊びを模倣した祭礼「曲水の宴」が行われます。