門前町である嵯峨鳥居本は重要伝統的建造物群保存地区に指定されており、念仏寺のある化野(あだしの)一帯はかつて愛宕神社の門前町として発展していました。
化野はかつて風葬の地であり、野ざらしにされていた遺体を弘法大師が供養し、それが後の化野念仏寺となっています。