« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月29日 (火曜日)

かめ(BlogPet)

きょう黄楊がかめのこさんたろうと成功するはずだったの。

*このエントリは、ブログペットの「黄楊」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水曜日)

いくら憎たらしいとはいえ、去った人間の悪口を言わないのが韓国人の情緒

http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1140074021/

>いくら憎たらしいとはいえ、去った人間の悪口を言わないのが韓国人の情緒

>いくら憎たらしいとはいえ、去った人間の悪口を言わないのが韓国人の情緒

>いくら憎たらしいとはいえ、去った人間の悪口を言わないのが韓国人の情緒

       -‐''''"´ ̄``ヽ、              ____
       /     _     ヽ        //´   __,,>、
     /        ̄ ̄   {        /::/ / ̄:::::::::::::::\
      l _ィニニア二二二ニヽ、j._      /::::l/::::::::::::::::::::::::::::::::l
     | 0Lj/-‐-レノ ノ_ヽ:::`ヽ     l:::::::::::/l/lノノ/_イ:::::l
     レ:r、/ イ゚テ   ピト`|::|      l:::::::::/ rtテ、  .ィtq l::::::|
      l:lヘ  '"   ,j  '"/ノ      |::lヘ!j  ´  ,j   !;:::/
     ヽヽ、   r‐-,   /'         レリー 、    ,....,  lノ/    ワ
        lヽ、  ̄ /         `ヽ、lヽ 、  ̄ /´    ロ
     _,r┴‐-`v´-‐j-、__   , -‐-、_r┴─'ー‐チト      ス 
  / ̄/:.:.:.:| ̄ ̄`T ̄´|:.:.:.:l´ `ヽ /    ヽ ̄`ー-‐'´`''''⌒ヽ  !
/   ,':.:.:.:.:.l    l   l:.:.:.l    \  _r‐、-、-、r,    、   ', !
     |:.:.:.:.:.:.!     !   !:.:.l   ,. -‐ゝ/// 〉 〉 〉 〉 〉    !   ',
    l:.:.:.:.:.:.l     |   l:.:.:l  /  人〈〈〈〈 ' ' ' /っ   l    l
    l:.:.:.:.:.:.!     !   l:.:.:.ト/   /  ```´-ァ‐'''"     /   l
、__/:.:.:.:.:.:l     |    |:.:.:ヽヘ  l    //         / _ ィノ
    /:.:.:.:.:.:.:!    l   |:.:.:.:.:l `ーヽ、_ノ´l、______/lニ二」
____l:.:.:.:.:.:.:.|      l   |:.:.:.:.:!        |_  ( ( ) )_〕|   l
   l`ー‐‐'匸二l ̄ ̄l二フーイ       /   ̄ `‐‐'´ ヽ  |

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火曜日)

増殖(BlogPet)

黄楊は増殖しなかったよ。

*このエントリは、ブログペットの「黄楊」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月曜日)

千人の交響曲

今日のオススメクラシックは、番外編。 全然オススメじゃないんですが、データを整理していたらこの音源を偶然見つけまして。懐かしくなったので紹介します。

17244438_460528652.

.

.

.

.

.

デジカメのデータによるとこの写真を撮ったのはちょうど一年前なので、今の3回生の人は知ってますね? 2回生の人(当時は1回生)も、一部の人は参加していたと思います。
「1000人の大合奏」という事業の依頼演奏会で立響が呼ばれたのですが、篠笛とかコーラスとかピアノとかいろんな団体の発表があって、ウチらはフィンランディア(写真、ビラの後ろにある楽譜がフィンランディア。懐かしいです)をやって、最後に全団体の合同演奏でメインイベント、滋賀県製作のミュージカル『フロタキコ ~空想のアルトコーロへ きみは旅立つ勇気があるか』より、この「アルトコーロ」をやったんでしたっけ。確か。  いろんな意味で衝撃的な演奏会でしたwww 2年前のびっクリスマス級の衝撃度でしたw



「楽器を持って集まろう!みんな一緒に歌おう!」ですって。聴衆は何持ってきてもいいそうです。誰かトラック使ってカリヨン持ってきてほしかったですw

http://mouvement-deuxieme.cocolog-nifty.com/blog/files/ha3.wma

いやー、いつ聴いてもこの有り得ないほどのダササには笑いが込みあがります。

このミュージカル、まさかと思いながら検索したのですが…やっぱり出てきませんでした。単発だったらしいですね。
一応、これだけ…。
http://www.shiga-bunshin.or.jp/souzoukan/message/imgs/mustory.html
要するにただの妄想じゃねーかwwwww

あと使用したホールのホームページから、こんな写真も見つけてきました。

17244438_3714525426 .

.

.

.

.

.

.

出演者総動員ですから、この通り。マーラーやベルリオーズも真っ青の超編成www

作曲はノノヤマ マナコっていう人。本番の演奏直前にプレトークでステージに登場しましたが、ただのオッサンでしたwww

あー、本当に懐かしいなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日曜日)

どうしてニダ族の言うことを聞かないといけないの?

言いたくないのですが、ただでさえ漁業のストライキのほうを解決しないといけないのに、南朝鮮のワガママの相手をしている暇はないんですよ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080715-00000010-yonh-kr

17244438_3418724591 .

.

.

.

.

.

ああ、そっか。起源や文化を何でも捏造する国ですから、領土を捏造するのもお手の物なんですね、分かります。


残念ながら、日本は相変わらずの弱腰外交。


え、何? じゃあ竹島をあげたり何も言及しないで向こうの言いなりになったら、日韓は仲良くなると思ってるのでしょうか? 竹島あげたら南朝鮮は図に乗るだけに決まってるでしょうがヴォケ。
「イルボンはついにウリナラに平伏したニダ。マンセー」って。



隣人だからって、仲よしこよしになる必要はありません。大国ならまだしも。
あの福沢諭吉大先生の「脱亜論」にもそう書いているじゃないですか。
言いにくいこともちゃんとハッキリさせないと、良いつきあいはできません。

竹島は日本の領土ですよーん。
それ以上でも以下でもなんでもないのであります。

配慮して具体的にどのような国益になるのかを、政府は説明してほしいです。

「領土を巡る表現は韓国に配慮して、我が国の固有の領土という表現は避けた」

………この人は一体何を言っているんですか?


配 慮 し て あ げ る 理 由 を 2 0 字 以 内 で 述 べ て く れ ! ! ! ! !

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金曜日)

毎日暑いですねー、寒いほうがマシです。 と言いつつ、半年後は逆の事を言っているんでしょうけど。

昨日は世界の阪さんによる、初tutti。普段は初tuttiというのはカオスなんですが、昨日はやっぱり…


 カ オ ス の 極 み で し た w


自分なんかもう、完全暴走www
思いっきり音とかリズムとか外しても、「それがどーしたー」みたいなノリでフォルティッシモで弾いてましたもんw

でもね、めっっちゃくっっちゃ楽しかったです!!!!!  この4年間の練習の中で、一番楽しいtuttiでした。
これじゃあ暴走しても仕方ないな…と、とりあえず自己正当化しまふ。

あ、でも意外と「どこをやっているか分からなくなる」とか「全く弾けない」とかは無かったです。2部の「ジャッ タラララン」も結構タイミング合ってたと思うし、1部も銅鑼ちゃんのおかげで かろうじで最後までついていけたし、安心しました。 1回目の通しはアウトでしたがwww



それにしても、さすが世界の阪さんの練習は違いますね。ただ単に譜面通りに練習するだけじゃいけないんだなあって改めて感じさせされました。ハルサイは特にイメージが大事であって、技術云々よりも頭の中の情景を音化する…みたいな感覚で演奏しようとする心持ちが大事ですね。
あっという間の2時間ちょい。「10時までtuttiしたい!」なんて本気で思ったの、初めて。


しっかし管楽器、難しそうだなあ…。 拍も数えにくいし音符もかなり複雑そうだし、冒頭の高音ファゴットなんか、ホント大変そう。昨日はお疲れ様でした。






そして、もうね、もうね、打楽器軍団が。あれはもうヤバヒです。想像以上にヤバスギです。
演奏中にもかかわらず、何回「かっこえ~~~」って言いながら後を振り向いたことか(笑) そして前を向き直ったら…落ちてましたorz
てかギロの「ギロギロ~~」っていう音、最後だけじゃなかったんですね。

これから半年もこの大好きな曲に接することができるなんて、嬉しい限り。本番まで頑張れそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木曜日)

半年後の宣伝。そのころにはとっくに忘れているだろうなー。

暑い! あっついですね!! 今年の夏は、何と言うか…カラカラ暑いのでもジメジメ暑いのでもなく、ドロドロ暑くないですか?

「暑い」といえば…

京都でこの時期、「祇園祭どすなー」と言われると、「暑おすなー」と答えないといけないですよ。風習というか、古来からの慣わしというか…京都にはこういう隠語じみた表現が多いんです。「ぶぶ漬けいかがどすか」とか「おいでやす」とか。これ、分かるかな…?
「祇園祭どすなー」と言われて「そうどすなー」などと答えたら、あまりにそのまんまで面白みがなさ過ぎる。祇園祭は真夏に浴衣で楽しむものであって、涼しい祇園祭だと話にならないために、今年も無事成功しますように…という願いも込めて「祇園祭ですね」と言われれば「暑いですね」と返すのが本当の京都人なんですって。



皆さん、宵山にはもう行きましたか??? 今日行こうと思ったんですが、考えたら今日は練習じゃん! おまけに客演指揮者・世界の阪哲郎氏による初tuttiって…ぬぬ、これは休めんな…。

今日のtuttiは、おそらく付いていくのがやっとかも…。曲自体は昔から大ファンでしたが、それでも楽譜上を追いかけるとなると、やっぱり違ってきますね。特にこれといったメロディーが無い部分なんか、どこやってるのか分からなくなってしまいます。そうなったらもうトランペットと打楽器だけが頼りです。特に1部の銅鑼ちゃんが落ちたら、自分はそこから先を全く弾けなくなりますからw

というわけで、ふうちゃん、よろしく頼むね~~(笑)


あなや、2部のラストは楽器を弾かずに口ずさむだけの自分が目に浮かぶ…orz
まあ、頑張ります。







めっちゃ気が早いですが、初宣伝。今のうちに12月12日を空けておきませふ♪

第100回記念定期演奏会
12月12日(金曜日) びわ湖ホール
開演 19時
指揮 阪哲郎
 プログラム:
●ストラヴィンスキー 春の祭典
●モーツァルト ピアノ協奏曲第20番
●ワーグナー ニュルンベルクのマイスタージンガー プレリュード

…だったと思います。多分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水曜日)

今日のオススメクラシックは、お待たせしました、みなさんのだーい好きなグロリア・コーツです(笑)
今日は、彼女の新作、交響曲第15番「モーツァルトを讃えて」の2・3楽章! 相変わらずの異形の響きです。

http://mouvement-deuxieme.cocolog-nifty.com/blog/files/3.wma
http://mouvement-deuxieme.cocolog-nifty.com/blog/files/ha2.wma
マイケル・ボーダー/ウィーン放送交響楽団


今まで2回ほどサークルのBOXで流したことがありますが、その時のみんなの反応は、そりゃあもうすごかったですよ。

「何これ気持ち悪っ!」
「騒音みたい」
「あんまり楽しくない…」
「頭痛が…」

うーむ、予想通りの反応w

2楽章は、美しいメロディーから始まります。これはモーツァルトの引用。そしてすぐに、コーツお得意のバイオリンのグリッサンドが迫ってきます。
その後は調的なメロディーとグリッサンド軍団のポリフォニーが進行し、最後はモーツァルトの引用で、そっと終わり。
3楽章はティンパニの連打でスタート! コーツの音楽はどうしても弦楽器のグリッサンドにばかり耳がいってしまいますが、地味にティンパニも大活躍をするんですよ。なぜかって、そりゃあティンパニもグリッサンドが出来るからですよ!!! 他の曲では、フレクサトンも頻繁に出てきます。







そしてこのグロリアコーツという人物、実は絵も描く人なんですよ(現在も現役らしい)。
NAXOSのCDは、音楽と同時にジャケットの絵画も楽しめるようになっているのですが、そこに描かれているコーツの作品をいくつか紹介します。

17244438_1650411735s .

.

.

.

.

.

.

.

「反射」

17244438_1659669313s .

.

.

.

.

.

.

.

「音の渦」

17244438_770541823s .

.

.

.

.

.

.

.

.

「虹」

………ヤバイ、この人。この人にとっての「虹」って、↑こんなんですってよ(笑)



あっコラ、そこのアナタ、まだ音楽の途中なのにメディアプレイヤー閉じない!! 
最後まで聴きませふ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火曜日)

黄楊(BlogPet)

黄楊は指揮しなかったよ。

*このエントリは、ブログペットの「黄楊」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月曜日)

このアニメには、暴力シーン・グロテスクな表現が含まれております。

日曜日の朝、びっくりするほど早い時間から始まる国民的アニメ、「それゆけアンパンマン」。先週の日曜日はちょっと早起きしたので、テレビを付けてみたら偶然アンパンマンを放送していました。

ちょっと見ていたのですが…   これ、なんか恐ろしく残虐ですねwww

バイキンマンが乗った機械による一撃が、アンパンマンを直撃! すると…



ア、アンパンマンの頭がアァァ!!!

17244438_1200536075 .

.

.

.

.

.

↑「顔面の3分の1をえぐられ悶絶する生きたアンパン之図」


さすがに
「ええええええええええ!!!!????」
って驚愕しちゃいましたよ!! あまりに衝撃的だったため、近くのデジカメで大急ぎでテレビを撮りました。



その後、バタ子さんがアンパンマンの顔を持ってきて、
「アンパンマン、新しい顔よ!」

昔の顔は吹っ飛び、新しいパンに入れ替わり、「元気100倍!」

一瞬でバイキンマンを山の向こうへフッ飛ばします。




…………………もうね、これどこから突っ込めばいいのか。。。




ただ一つ言えること。

改めて見て分かったのですが、アンパンマンというアニメは、皆さんが思っている以上にグロテスクで残虐なアニメですぜい(笑)


あんパンチを受けて「バイバイキーン」と山の向こうに飛んで星になるバイキンマンを笑って見ている子供たち…うーん、なかなか子供って惨いですよなあ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木曜日)

ピースがちょっと足りないです。無くしたか?

えー、今日のオススメクラシックは、ヒンデミットの交響曲にしましょう。
ヒンデミットの交響曲といったら断然「画家マティス」と言いたい所ですが、ここはひねくれた自分のこと、そんな有名な曲は紹介しませんって(笑)

交響曲「宇宙の調和」っていうのがありまして。 その第1楽章です。

http://mouvement-deuxieme.cocolog-nifty.com/blog/files/scriabin12.wma
フルトヴェングラー/ベルリン放送交響楽団

正しく翻訳すると「世界の調和」になりますが、内容的には「宇宙の調和」のほうが正しいです。
ドイツの天文学者ケプラーを題材にした自作のオペラを編曲した交響曲だそうな。第1楽章「楽器の音楽」 第2楽章「人間の音楽」 第3楽章「天体の音楽」から出来ています。

オマケ:「立響の英知の結晶」

17244438_3007154884 .

.

.

.

.

.

現在、完成度は約20パーセントといったところでしょうか。昨日土曜日の練習後、ボックスで数人がかりで作りました(笑)

いつ完成するのやら。そもそも、完成するのか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水曜日)

ギザカヲスwwwww

「ダムが緑色に!藍藻が増殖し漂白剤を…―安徽省合肥市」
http://www.recordchina.co.jp/group/g21026.html



  漂 w w w w w 白 w w w w w 剤 w w w w w


夏の中国はどれだけカオスなのでしょう。
こんなところで、本当に、本ッッッ当にオリンピックをするの!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火曜日)

すげえ、オラ、ワクワクしてきたぞ!(BlogPet)

サヴァイヴの「すげえ、オラ、ワクワクしてきたぞ!」のまねしてかいてみるね

これぞ中国!緑のは少なくなりましたが出来上がりましたことが楽しみだ!緑のは少なくなりました♪長野聖火リレーが終わってから面白いニュースは少なくなりましたが、この手のは、この手の海が終わってから面白いニュースは、この手のは少なくなりましたことが、中国に生まれたが終わってから面白いニュースは少なくなりましたことが楽しみだ!緑の海が出来上がりましたことが楽しみだ!緑の海が出来上がりましたことが出来上がりましたことが楽しみだ!中国人は久々ですなあ。

*このエントリは、ブログペットの「黄楊」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月曜日)

四条付近を浴衣で歩く人も、少しずつ増え始めました。ええのー、京都は。

それにしても、暑ひ!! 梅雨がようやく明けたかな?と思っていたら、突然蒸し暑くなりましたね。

というわけで、先週から夜は浴衣で寝るようにしました。 毎年、夏はパジャマでなく浴衣を着てるんで。風情も出るし、「京の夏」って感じですよ♪










あー、そういや昨日から始まった洞爺湖サミット。今どーなってんでしょうね。

テレビを見たら、警備がものすごいことになっていました。道路は10メートルおきに警官が立ってたり、空路すら制限されてたし。

昨日阪急に乗ったら、ホームのゴミ箱が「テロ対策のため」ということで使用禁止になっていました。 オイオイ、いつから地球はこんな物騒になったんでしょうか…。


一時期「2008年サミットを京都で」とか、「サミット開催地 京都VS大阪で激論」とか言われてた頃が懐かしい…。本当に京都で行われていたら、交通機関完全麻痺ですよ。
金閣寺が爆破されたら、もうたまったもんじゃないですし。




そしてサミットですが、明日はアメリカが主導権を握ってサミットが行われるそうです。



 ……いや。 や め て 。

例の住宅ローンとか戦争とか、いろいろ問題続きなのに。特に自分たちに一番影響が強いのが、バイオ燃料による物価高等。特に最近なんて、全く値上げしていない商品を探すほうが難しくなってきていません?


そんな国が主導で行うサミット。

もはや、どの国の誰がアメリカに付いていく気なんでしょう。
もう良い機会だから7ヶ国でアメリカバッシングしたらいいのに。

でも今の首相が福田ですからね。あの弱腰外交では無理でしょう。

ブッシュの任期はあと半年。
ブッシュの人気はとっくにゼロ。   さっさと辞めたらいいのに(^^)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日曜日)

そういえば、そろそろ祇園祭ですね。スケジュールとかチェックしておかねば。

火曜日か水曜日、楽譜なくしてもうた~orz

ああ、久々にやってしまいましたorz


……てなわけで、スタバに行って2度目のハルサイの製本作業。ただでさえ製本は苦手な上に29ページもあるもんですから、自分の場合は軽く2時間はかかってしまうんですよ。 こういう本腰を入れる作業は、スタバが最適です。なんとなく。もちろん注文するのは、ホワイトチョコレートモカですよ♪ ホットで。アイスだと氷の分だけ損するので…。

そんで、ようやく完成。今回は製本テープの他に両面テープ、まったく違った用途に使われるテープ、さらにカッターやハサミなどを総動員したため、いつも以上に綺麗に作れました♪
…いつもが酷すぎるだけですが^^;

もう絶対なくしません。








話を変えて。

先週たまたま知ったのですが、現在、水曜日の深夜に「銀河鉄道999」の再放送をやっていたんですね。もちろん超有名なアニメなので名前は知っていますが、本編は全然見たことありませんでした。せいぜい「なつかしのアニメ」とかのバラエティ番組で哲郎とメーテルが別れるシーンぐらいしか知りませんでしたが、この再放送は2話連続放送だし、せっかくなので見てみました。

………先週と今週、まだ4話分しか見てないですが、

ヤバイ、これ、めっちゃ面白いじゃないですか!!! 現代にまで語り継がれている名作だけありますよ。

なんか簡単に調べたら、とある星を求めて哲郎とメーテルが銀河鉄道に乗って旅をしているストーリーらしいですね。そして停車するいろんな星で、そこに住むいろんな人と出会ったりトラブルに巻き込まれたりしながら哲郎が成長していく。そして最後、目的の星で待ち受けていたものは…といったものらしいです。大雑把に言うと。 最初から最後まで、メインキャラクターは哲郎とメーテルと車掌さんだけ。
「どうせ誰も乗降車しないんだから、最終地点まで直通でいいじゃん」というツッコミは、ナシの方向で^^;

そのいろんな星に住む民族、大概は良い人は出てこないで、世の中の不条理さ・理不尽さを鋭く突いている、といういかにも松本零士らしいスタイル。一話完結で話ごとに登場人物も違うスタイルは自分は大好きなので、すんなりと見ることができました。
「何でどの星で日本語が通じるんだよ」というツッコミは、ナシの方向で^^;

その心理をついた描写が999の白眉なので、「なつかしのアニメ100選」とかで最後の別れのシーンだけ見せるような番組が、いかに的外れの駄目番組かがよく分かるわけですね(笑)






あ、あともうひとつビックリしたのが、BGMがすべてオーケストラによる生演奏ということ。エンディングのテロップを見てたら、「選曲」という人まで名前が出ていました。
「あ、それだったら自分でも出来そう」なんて思っちゃいました…。




あ、ちなみに自分はアニメや漫画は、和物モノが大好きです。「地獄少女」とか、「犬夜叉」とか、「遙かなる時空の中で」とか、今HHKで再放送でやっている「彩雲国物語」とか。あー、ちょっと昔に遡ったら「ふしぎ遊戯」とかも面白かったですね。ラスト2つはどちらかと言うと中国風ですが。

…え、そもそも知らないって? そりゃそうだ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土曜日)

すげえ、オラ、ワクワクしてきたぞ!

これぞ中国!緑の海が出来上がりました♪

長野聖火リレーが終わってから面白いニュースは少なくなりましたが、この手のは久々ですなあ。ああ、北京五輪が楽しみだ!

中国人は、中国に生まれたことがもはや不幸。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月 4日 (金曜日)

まだまだあるよ!シナ伝説。

臭い物には蓋をするだけの中国

2008年6月28日、安徽省合肥市にある黒池ダムで作業員が漂白剤を撒いている姿が見うけられた。

気温の上昇によって、同水域では近ごろバクテリアの一種である藍藻が爆発的に増殖し、一部緑色に染まってしまった。

現在、作業員が藍藻の取り除き作業を行うと同時に、漂白剤を撒くなどして藍藻のさらなる増殖を防いでいるという。

漂www白www剤www

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木曜日)

ただライトアップ中は、本堂のほうに行けなかったのが残念でした。

先週の「一日中ずっとyoutube」というインドア日曜日から一転、23日の日曜日はめちゃくちゃアウトドアな日でした。朝に家をチャリで出発して松尾大社に、次いで京阪で藤森神社、三室戸寺と合計3箇所の京都の寺社に行って来ました♪


この3つのスポットの共通点、分かります?  これらは京都を代表する紫陽花の名所なんですよ。




この前の土曜日・日曜日というと…歴史的な超ジメジメ日。土曜日も、もう練習中はずっと水の中にいるような感覚で…。

しかし、紫陽花といったら雨は絶対に欠かせないもの。ホント、紫陽花に雨はよく似合っていますからねえ。あえて雨の日を選んで京都観光に行ったんです。案の定、雨にぬれた紫陽花はすごく綺麗でしたよ♪


この日記では三室戸寺の写真をアップします。三室戸寺は紫陽花だけでなく、ハスやしゃくなげや紅葉など、四季折々いろんな景色を見ることが出来るんですよ。隠れた京都の観光地になっています。

1 .

.

.

.

.

.

三室戸寺のアジサイ園。ここのお寺はどういうわけか、敷地が桁違いに広いんです。

この日は夜7時から小規模のライトアップイベントつき。ただそのことは三室戸寺に行ったときに初めて知ったため、4時に入って5時に帰るつもりが、4時間もこの寺の中でウロチョロすることになりました…^^;

2 .

.

.

.

.

.

まだ明るいけど、ライトがつきはじめました。チンダル現象による、雨のライトアップ♪

3 .

.

.

.

.

.

4 .

.

.

.

.

.

三室戸寺の紫陽花は色とりどりで、何時間ここにいても飽きさせないです。雨で、雰囲気も完璧! めっちゃ狭いけど。
ホント、梅雨の時期で良いことといえば、これぐらいだよなあ。

5 .

.

.

.

.

.

ちょっと絵画的な写真。暗くなった時にシャッタースピードを遅くすれば、こんな撮り方もできるんです。

って、ホント周り暗っ!! 三室戸寺についたのは4時なのに…長居しすぎでした^^;


皆さんも、時間があれば行ってみて下さい。綺麗なお寺ですよ♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月 2日 (水曜日)

お客さんはどうなんでしょうか。途中で帰ったりしないかな。かな。

いよいよ! 土曜日から始まりました、ストラヴィンスキーの「春の祭典」の練習!
といっても、その日のバイオリンパートはボウイングの確認でしたけどね。オマケに、自分はこの日は練習は休みだと勘違いしていてバイトを入れていたため、最初の1時間は参加できませんでしたが。

tutti部屋には、これでもかとばかりに敷き詰められた大量のティンパニが! そして見たことも無いほどの巨大ティンパニも! 大興奮したのは言うまでもありません(笑)

でも、練習時は全員あの部屋に入るんかなあ? 5管って…。




さて、サークルのほとんどの人は春の祭典は嫌いらしいですが、最近は「何回も聴いていたら、慣れてきた。好きになってきた」という人がちょっとずつ増えているようです。ボックスにいたらそんな声をたまに聞きます。

いやあ、嬉しいことだ!

以前も紹介しましたが、バレエ映像をもう一度載せておきます。youtubeにバレエがアップされていたんですね。 原版のニジーンスキィ版です。
テンシュ師匠に教えていただきました。ありがとうございます♪

英語では「The rite of spring」と表記します。つまり、「春の祭典」というよりは「春の儀式」みたいな感じのほうが訳としては正しいし、そっちのほうがイメージをつかみやすいと思います。

そしてこのバレエ、初演の大騒動は有名ですね。
あまりにアレな振り付けと音楽だったため、「芸術を崩壊させる気か」と、乱闘騒ぎになったそうです。

その初演時の再現ドラマがこちら。

ちなみに自分は、モチロン「ブラヴォー!!」派。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1万円どころか100万円札を作って、それも福沢大先生にしろ。

福沢諭吉 「脱亜論」(明治18/1885年)


 日本の不幸は中国と朝鮮だ。

 この二国の人々も日本人と同じく漢字文化圏に属し、同じ古典を共有しているが、もともと人種的に異なるのか、教育に差があるのか、 日本との精神的隔たりはあまりにも大きい。


 情報がこれほど早く行き来する時代にあって、近代文明や国際法について知りながら、過去に拘り続ける中国・朝鮮の精神は千年前と違わない。

 国際的な紛争の場面でも「悪いのはお前の方だ」と開き直って恥じることもない。


 もはや、この二国が国際的な常識を身につけることを期待してはならない。

 「東アジア共同体」の一員として その繁栄に与ってくれるなどという幻想は捨てるべきである。


 日本は、大陸や半島との関係を絶ち、 欧米と共に進まなければならない。

 ただ隣国だからという理由だけで特別な感情を持って接してはならない。

 この二国に対しても、国際的な常識に従い、国際法に則って接すればよい。


 悪友の悪事を見逃す者は、共に悪名を逃れ得ない。

 私は気持ちにおいては「東アジア」の悪友と絶交するものである

(要旨)

まともな政府ができてシナ、朝鮮も改革できればいいのに、という福沢の想いを、120年以上も裏切り続けているシナ、朝鮮なのであった。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一人目優勝でしょwww

あまりにも痛すぎる「かめはめ波大会2007」inニュージーランド

リュウがいる………この馬鹿馬鹿しすぎる大会とイタ~イ参加者たちを、あなたは何分まで見ることができますか?????
世界は自分たちが思っているよりは平和なのだろうか???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火曜日)

指揮もする作曲家?それとも作曲もする指揮者?

今日のオススメクラシックですが、今日はスヴェトラーノフの交響曲です!
自作自演です。

http://mouvement-deuxieme.cocolog-nifty.com/blog/files/t14.wma
スヴェちゃん/ソビエト国立交響楽団

スヴェちゃんといえばクラシックを聴く者なら知らぬ人はいない超大物指揮者ですが、実はひっそりとオケ曲をちょっとだけ作っているんですよ。

交響曲はこの1番のみ。あとは「赤いカリーナ」っていう交響詩と、ピアコンと、なんとかかんとかっていう演奏会序曲と…自分が知っている範囲ではそれぐらいかな?
そしてさすが指揮者、クラシックのノウハウをよく知っているだけ、この交響曲が良くできているんですよ。
時代的にはバリバリ現代なのに、内容は後期ロマン的で、すごく聴きやすいですよ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »