« 吟味するはずだった(BlogPet) | トップページ | 黄楊(BlogPet) »

2007年9月 5日 (水曜日)

夏が終わったら秋…また人が多くなりそうです。

世間ではもう夏休みも終わりですね。サザエさんシンドロームにかかっている人も多いのではないでしょうか。

今日の記事は9月23日、京都夏の最後の風物詩といわれる化野念仏寺の「千灯供養」を紹介しましょう。去年も同じ風景をこのブログで紹介しましたが、今年はデジカメなので去年よりも綺麗に写せていると思います。

P1020658 .

.

.

.

.

.

の前に、化野という土地の説明から。今まで何度も言っていますが、ここはかつて風葬の地でした。現在は遺体は火葬しますが、平安時代は遺体はここに投げ捨てていたんです。それを見かねた空海が石仏を何千も作り供養した、というのがこの念仏寺のはじまり。

この一帯、「鳥居本」という所は京都の町並み保存地区に指定されています。この鳥居は愛宕神社の一ノ鳥居。本殿は山のてっぺんにあるのでとても簡単に行けるところではありませんが。

P1020665_2 .

.

.

.

.

.

一ノ鳥居のすぐ側らにある料亭、平野屋。湯豆腐がおいしいと評判で、たびたびテレビに出ているらしい…。でもこういうところってすごく値段が張るんだろうなあ。

P1020668 .

.

.

.

.

.

嵐山のさらに奥にあるこの地域は普段は人の数が少ないのですが、千灯供養のあるこ23日と24日はにぎわっていました。いろんなところにこのようなオブジェが飾られています。

P1020615 .

.

.

.

.

.

そしてここが化野念仏寺の入り口。先述の通りけっこう昔はヤバい事をしていた所なので、ちょっとした心霊スポットにもなっているらしい…後日紹介しますが、近くのトンネルも心霊スポットなんですよ。けどそういうのは地元の人に限って知らないそうですね。

P1020670 .

.

.

.

.

.

夕方の風景。次回はこのお寺の中に入ってみましょう。

てか最近、何回にも分けて写真を公開するのが当たり前になってるね…。

|

« 吟味するはずだった(BlogPet) | トップページ | 黄楊(BlogPet) »

コメント

私の卒業した高校では、ゴールデンウィークが終わっても学校に来ない人をゴールデンウィーカーと呼ぶ風習がありました。

大学になっても夏休みが終わったというのに学校に来ない人がいます。いつまでも成長しないものですね。

投稿: ミラージュ | 2007年9月 5日 (水曜日) 午後 10時13分

まあ、気持ちは分からなくはないですが。
ちゃんとメリハリをつけて自己責任で動くのだったら良いのですが、そのまんまダラけてしまう傾向がはるかに多いです。

投稿: サヴァイヴ | 2007年9月 6日 (木曜日) 午後 12時39分

それはどんなに長い旅にも必ず終わりが来ることに似ている。

どっかのオケなんでしょうか?京都の旅ガイドみたいですね。

投稿: 大阪関西キャバクラー | 2007年9月 9日 (日曜日) 午後 04時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52936/7815660

この記事へのトラックバック一覧です: 夏が終わったら秋…また人が多くなりそうです。:

» 怖い話 [怖い話]
怖い話が大好きな人必見超スゴサイト! [続きを読む]

受信: 2007年9月 5日 (水曜日) 午後 05時21分

« 吟味するはずだった(BlogPet) | トップページ | 黄楊(BlogPet) »