« 改札に入った人はこれを理由に払い戻せるのかなあ…。試せばよかった。 | トップページ | 興味本位で近づくのはやめましょう。 …と自分に言い聞かす。 »

2007年5月13日 (日曜日)

しかし可愛らしい作品ですね、これ。音楽も振り付けも。

ビデオで大学の学生会館でコッペリアを見てみました♪  ストーリーや、どんなシーンで演奏する曲なのかは知っていますしたが、実際どんなバレエなのかは見たこと無かったです。DVDとかなかなか見つからないですしね。

バレエって、オペラと違ってセリフは全然無いんですね。なので、あらかじめどんなストーリーなのかを知った上で劇場に足を運ばないと全然意味が分からなくなります。セリフの代わりに全部バレエと音楽で表現するので、ある意味オペラよりも芸術性の高いものになっていました。

以前簡単にあらすじを紹介しましたが、実際見てみるとちょっと間違いも発見。ワルツの部分は麦の穂占いをするシーンでなく、花嫁スワニルダがコッペリアの様子を伺うシーンでした。 バレエって交響曲と違って演出家によって相当編曲をするらしいです。なので上演時間もちょっとずつ違うし、シーンの一部を省略するときも多いので、楽譜やスコアの内容も会社ごとに違うんですね。練習中に演奏者と指揮者の楽譜がちょっと違う、というのが何度もありましたが、それが原因でしょう。まあこれで完全にコッペリアはどんな作品か分かったし、イメージをつかむ良い機会を持てました。もう本番まで一ヶ月をきっているところでイメージをつかむもクソもないですが。

|

« 改札に入った人はこれを理由に払い戻せるのかなあ…。試せばよかった。 | トップページ | 興味本位で近づくのはやめましょう。 …と自分に言い聞かす。 »

コメント

なんだか聴く側と演奏する側の差を感じますね。
聴くだけでも突き詰めていけばかなりの領域までいけるのかもしれませんが、その人たちに比べれば娯楽程度の私には難しい話です。
その人なりの楽しみ方をすればいいといえば、そうなんですけどね。

投稿: ミラージュ | 2007年5月16日 (水曜日) 午後 09時43分

差は間違いなく出てくるでしょうね。演奏側は他パートとの音の関係を大変敏感に聞きながら空気を合わさないといけなく、一音一音に神経を使うほどにその音楽を知る必要があるので。

でも仰るとおり、どんな程度であれ楽しめれば十分ですよ。「クラシックマニアだけど終始寝ていた人」より、「芸術性は理解できなかったけどさっき聴いた曲の鼻歌を歌いながら帰る人」のほうが断然勝ち組です。

投稿: サヴァイヴ | 2007年5月23日 (水曜日) 午前 03時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52936/6432550

この記事へのトラックバック一覧です: しかし可愛らしい作品ですね、これ。音楽も振り付けも。:

» 」と主張 [対立が絶えないユダヤ教]
ジェナさんも アルジャジーラが報じた 人だった [続きを読む]

受信: 2007年5月16日 (水曜日) 午前 04時20分

« 改札に入った人はこれを理由に払い戻せるのかなあ…。試せばよかった。 | トップページ | 興味本位で近づくのはやめましょう。 …と自分に言い聞かす。 »