« 黒月、ぶっ生き返る | トップページ | 持つべきものは友達≒持つべきものはコネ。 »

2007年4月22日 (日曜日)

哲学は別に嫌いじゃないけど、哲学系の講義は信じられないぐらいつまらない。

もう桜の季節も去ってきたか? 花見観光客の足はそろそろ途絶えてきたようです…一時はそりゃあすごかったですよ。東山に行ったら、すれちがうバスの中の人が可哀想に見えましたもんすし詰め状態で…。 

今日は哲学の道を歩いてみます。撮影は4月8日。

P1010044 .

.

.

.

.

.

.

全長1,6キロ、歩いたら大体20分ぐらいかかりました。普通はもっと早く果てまでたどり着けるでしょうが、人が多いからね…。 撮影日は8日の日曜日ですが、桜はすでにちらほら散り始めていました。琵琶湖疏水にかなり花びらが浮いています。

P1010045 .

.

.

.

.

.

.

もう少し歩けば銀閣寺。哲学の道という名前は、哲学者 西田幾多郎が瞑想にふけりながら歩いたというエピソードから付けられています。西田幾多郎といえば………名前は有名ですが、何をした人なのかちょっとピンと来ないかも。

P1010049 .

.

.

.

.

.

.

ちょっと気を緩めると誰かに押されて川に落ちてしまいそう…ちょっと危険かも。

桜の向こう側が見えない…これは綺麗でした。空が青かったらもっと映えたんですがね…この日は曇りだったので。

P1010052 .

.

.

.

.

.

.

銀閣を越えると、今度は南に向かうように道が曲がります。ようやく少し人が減ってきたか?

P1010055 .

.

.

.

.

.

.

満開の桜がほとんどでしたが、たまにぜんぜん咲いていない木もあったり、五部咲き程度のもあったり…。

P1010064 .

.

.

.

.

.

.

P1010065 .

.

.

.

.

.

.

哲学の道の最南端には熊野若王子神社があります。ふう、疲れた…哲学の道って想像以上に長いです。単に人酔いしたのもあるでしょうが。ここを歩くのは平日の昼がいいかもしれませんね。でも大学があるし自転車では意外と遠いから、人がいないときにまた歩くのは無理か…時期も去ったし。

|

« 黒月、ぶっ生き返る | トップページ | 持つべきものは友達≒持つべきものはコネ。 »

コメント

学校の周りの桜は散ってしまいました。あっとう言うまです。

投稿: ミラージュ | 2007年4月23日 (月曜日) 午後 10時20分

こちらも。気がつけば桜一色だった道がすっかり葉桜になっていました。儚い…。

たった数日しか咲かないのに、うまいこと4月に咲いてくれますね。恐るべし自然パワー。

投稿: サヴァイヴ | 2007年5月 9日 (水曜日) 午前 10時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52936/6050550

この記事へのトラックバック一覧です: 哲学は別に嫌いじゃないけど、哲学系の講義は信じられないぐらいつまらない。:

« 黒月、ぶっ生き返る | トップページ | 持つべきものは友達≒持つべきものはコネ。 »