« ・やっぱ高いな…。・進化論 ・柳沢慎吾って最近見ないね。 | トップページ | 猫だけ置いてどっか行け!ひっこーし、ひっこーし! »

2006年12月17日 (日曜日)

Bの嵐!     ……爆薬ね。

硫黄島からの手紙、見てきました♪別に見る気なかったのですが、かなり最近よくテレビの番組で取り上げられているから、思い切って見ることにしました。なんだかダ・ヴィンチ・コードと同じパターンだけど…まあそのパターンで見に行ってダ・ヴィンチ・コード面白かったから今回も見に行ったんですね。…ってどういう動機だ。

MOVIX映画館に入ってびっくりしたのは、他のお客さんがおじさんおばさんばっかりだった、ということ。え…確かに平日で午前の講義がない曜日、しかも朝イチの公開を選んで来たとは言っても これではさすがに観客席のバランス悪すぎるだろ…最若が自分19歳、次が40歳とか自分だけ数字的に孤立してるよ…とか変なこと考えるのですが、実際この映画ってどの世代に人気あるかな。気になるところです。

あと前から思っていたのですが、予告編のつくりがうますぎます。今回も「あ、ハリーポッター7月にまたするのか。見に行こうかなー」と思いましたし。まあ大抵はCMの印象、大体忘れるんですけどね。そういえば最初にこの硫黄島を知ったのは、デスノ後編の予告でした。これは結構印象に強かったですね。ニノとか格好よかったし。Dの嵐やGの嵐でストッキング被されたり乳首開きTシャツ着させられたりモグラ探しに行かされたりしてたニノとは大違いでした。

…あれ?起承転、まで来たのに気が付いたらまだ本編の感想について触れていない? …まあまだ上映が始まって間もないので、見たいけどまだ見ていない、という人も多いと思うのでまだ書かないほうがいいかもしれませんね。ただ一応少しは書いておくことは必要でしょうけど。ということで、軸となるところ。つまるところ、物語を通して伝えたいこと、メッセージですね。それについて軽く触れます。映画だけでなくテレビ番組でも、ただ視聴者を笑わせるような作品にそういうのは求めていない、ただ芸人を見て笑っていられれば十分にその作品を楽しめたことになる、と考えていますが、硫黄島の手紙のような作品はとてもそういうわけにはいかないです。じゃあ、伝えたいことって何? ということですが…これは…司令官や天皇という力に束縛される肉体的自由の苦痛? 戦争という無秩序的自由による世界構築の有用性? んなアホな。  じゃあ…戦争はいけないんだってこと、命は親から貰ったもの、無駄にしてはいけないんだってこと? 自分が思うに、そんな「このシーンはアレアレだったから…」「やはりクライマックスや魅せ方から察するに…」といった理屈こねたものや、感動シーンからフッと来るものでもない。いや、全く違うとは到底思えないけど、暴言じみて言うならそういうのは他の名作に任せておけばいい。この作品では二の次に他ならないと思います。「硫黄島からの手紙」でしか伝えられることが出来なく、なおかつ理屈なんか不要、だから誰もが正しく受け入れることの出来るもの。「硫黄島からの手紙」という映画に込められたメッセージというものは、あまりにも単純明快で分かりやすいものだったんだと感じました。あえてそれ…自分の考えていることは書かないので、見たいけどまだ見てない、という人はとりあえず劇場に足を運んでくださいね。ただ香川だと何年も前に東宝がつぶれて以来、どこで見たらいいのか分かんないんだよな…。…あ、話それた。

|

« ・やっぱ高いな…。・進化論 ・柳沢慎吾って最近見ないね。 | トップページ | 猫だけ置いてどっか行け!ひっこーし、ひっこーし! »

コメント

同じ主張をするならば、理屈をこねて何が言いたいか見えてこないものよりも単純明快であったほうがいいと思っています。さらにいえば、その作品でしか伝えられないものがあると尚良いです。この作品はそういうものなのでしょうか。

前編はすばらしい作品だったと聞きますが、後編も負けず劣らずすばらしいようですね。

前後編といえば、デスノートも評判が良いです。

投稿: ミラージュ | 2006年12月13日 (水曜日) 午後 03時31分

全くその通りだと考えていいと思いますよ。ただ実は前編は見ていないんですよね…。アメリカ視点か日本視点かの違いだけなので、前編は見なくても大丈夫だろうと思って見たのですが、問題なかったようです。父親たちの星条旗はそのうちレンタルDVDで見ようと思います。
デスノも頑張っているみたいですね。後編は原作ファンも納得していたようですし。

投稿: サヴァイヴ | 2006年12月14日 (木曜日) 午前 05時01分

1部のエンドロール後に2部の予告編が流れたのですが、もうこれは観にいくしかない!と思いました。
予想をはるかに超えてと言う意味では期待を外され、やはりスゴイ映画だったという意味では期待通り、そんな作品でした。
TBありがとうございました。

投稿: とりこぷてら | 2006年12月18日 (月曜日) 午後 12時55分

TBありがとうございました。
クリントイーストウッドに泣かされました。

日本人だって、そんなこと知らないよ~ということばかり・・・。
私は監督に感謝、感謝でしたね。

TBさせて頂きました。

投稿: 小米花 | 2006年12月19日 (火曜日) 午後 06時16分

とりこぷてらさん>こちらこそ相互トラバありがとうございます♪ 前作は見ていないので硫黄島のこと自体もほとんど無知だったのですが、本当にいいものを見られました。

小米花さん>外国人の監督にこの事実を知らされた、というのは皮肉な話ですよね。でもこのような日本人が知らないことはどんどん教えてほしいです。

投稿: サヴァイヴ | 2006年12月22日 (金曜日) 午前 07時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52936/4508176

この記事へのトラックバック一覧です: Bの嵐!     ……爆薬ね。:

» 渡辺謙『硫黄島からの手紙』NYへ [One phrase@Geinou]
俳優、渡辺謙(47)が主演する映画「硫黄島からの手紙」(クリント・イーストウッド監督)の特別試写会とレセプションパーティーがニューヨークのタイムワーナーセンターで開かれた。妻で女優の南果歩(42)と手を取り合い2人が確かに感じたものは [続きを読む]

受信: 2006年12月12日 (火曜日) 午後 11時36分

» ダ・ヴィンチ・コード [映画の週末 芝居の週日]
映画ダ・ヴィンチ・コードの感想  [続きを読む]

受信: 2006年12月17日 (日曜日) 午前 12時30分

» 硫黄島からの手紙/Letters From IWO Jima [我想一個人映画美的女人blog]
米国人であるクリントイーストウッド監督が 『父親たちの星条旗』と対にして、硫黄島の戦いを日米双方から描いた第二弾。         世界に先がけての日本公開。 先に観た『父親たちの星条旗』の方は良かったながらもピン"と来ない部分もあったものの、 日本側から観たこの戦いを描いた今作、こころに深く刺さるものがあった、、、。 予告篇で観ていた限りでもかなり興味深かったけど 感動させようとしていたり、... [続きを読む]

受信: 2006年12月18日 (月曜日) 午前 09時29分

» 「硫黄島からの手紙」 [ば○こう○ちの納得いかないコーナー]
クリント・イーストウッド監督が手掛けた”硫黄島2部作”。先に公開された「父親たちの星条旗」*1の出来が素晴らしかった為、9日から公開となった「硫黄島からの手紙」を早速観て来た。 1945年2月16日から3月26日にかけて硫黄島で繰り広げられた激烈な戦いに付いては、約1ヶ月前の記事「父親たちの星条旗」内で詳しく記したのでそちらを読んで戴きたいが、兎に角、日米双方に多大な犠牲者を生み出した悲... [続きを読む]

受信: 2006年12月18日 (月曜日) 午前 10時57分

» 「硫黄島からの手紙」 now roadshow! [とりあえず生態学+]
我々の子どもらが日本で1日でも長く安泰に暮らせるなら、我々がこの島を守る1日には意味がある 硫黄島からの手紙 製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 141分   監督 クリント・イーストウッド   製作総指... [続きを読む]

受信: 2006年12月18日 (月曜日) 午前 11時46分

» 「硫黄島からの手紙」、LA映画批評家協会賞受賞 [Mugen Diary]
クリント・イーストウッド監督による“硫黄島2部作”の第2弾映画、「硫黄島からの手紙」が10日、米国映画協会賞(AFI)のトップ10と、ロサンゼルス映画批評家協会賞最優秀作品賞を受賞しました。 また、ニューヨークでは同映画の試写会も行われ、大喝采を浴びたとか。 詳しくは時事通信社、スポニチ大阪、TSUTAYA online、DailySports online、Sponichi Annex、nikkansports.com、スポーツ報知、SANSPO.COM、CINEMA TOPICS ONLIN... [続きを読む]

受信: 2006年12月18日 (月曜日) 午後 06時20分

» 硫黄島からの手紙 [琴線〜心のメロディ]
【2006年12月9日劇場公開】 【ジャンル:ドラマ】※ノン・フィクション系 【観た場所:T−JOY東広島】 面白かった度:★★★ オススメ度:★★★ もう一度観たい度:★★★ 平日だと言うのに、今日は本当に人が多かったです。 やっぱり『男たちの大和』の時と同様に、普段は映画館に来ないようなお年を召した方が 多かったです。 映画のタイトルや内容、出演者をみる限りは邦画そのものですが、作っているのが ハリウッドということで、戦... [続きを読む]

受信: 2006年12月18日 (月曜日) 午後 07時32分

» この手紙は届くことはないだろう・・・ [CINECHANの映画感想]
266「硫黄島からの手紙」(アメリカ)  1945年2月19日、アメリカ軍の上陸と共に硫黄島の戦いは始まった。アメリカは5日で終わると考えていた戦いだったが、日本兵は36日間そこを守り抜いた。その指揮官は栗林中将。彼らは祖国にいる家族、子供たちを一日でも長く守ろうと、辛い36日間を戦い抜いた。  戦争が始まる前、戦争の最中、彼らは祖国に残した息子、妻、母親に手紙を書く。そこに彼らがこの戦争に対する思い、家族達への思いが綴られていた。果たしてその手紙が家族の下へ届くことのないことを感じな...... [続きを読む]

受信: 2006年12月19日 (火曜日) 午前 12時45分

» オレ、兄貴を捨てる・・ [CINECHANの映画感想]
257「手紙」(日本)  武島直貴、20歳。誰とも打ち解けず、暗い目をした青年。彼が人目を避ける理由、それは兄、剛志が、直貴を大学にやるための学費欲しさに盗みに入った家で、誤って人を殺してしまったことだった。剛志への判決は無期懲役。  殺人犯の弟して疎まれる直貴は引越しを繰り返し、転職も数度。それでもただ一人とも言える親友の寺尾祐輔とのコンビでお笑い芸人になる夢を達成する。そして合コンで知り合った女性中条朝美との恋。しかし、直貴の兄が殺人犯と知れたとき、それは手からすり抜けていく。絶望...... [続きを読む]

受信: 2006年12月19日 (火曜日) 午前 12時47分

» 硫黄島からの手紙 [こんな映画見ました〜]
『硫黄島からの手紙』 ---LETTERS FROM IWO JIMA --- 2006年(アメリカ) 監督:クリント・イーストウッド 出演: 渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、中村獅童 「父親たちの星条旗」に続く第2弾。硫黄島の戦いを日本側から描く。 1944年6月栗林中将(渡辺謙 )は、硫黄島の戦いの指揮官としてやって来た。 アメリカ留学の経験者である栗林は、精神論でごり押しの軍隊とは少し体質が違う。部下... [続きを読む]

受信: 2006年12月19日 (火曜日) 午後 06時13分

» 映画「硫黄島からの手紙」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Red Sun, Black Sand (Letters From Iwo Jima) 硫黄島に眠っていた、その手紙は61年ぶりに発見された、地中にあった硫黄島からの手紙、それは輸送爆撃機「一式陸攻」によって配達されるはずだった・・ 時は1944年6月、指揮官として陸軍中将の栗林忠道(渡辺謙... [続きを読む]

受信: 2006年12月21日 (木曜日) 午前 01時19分

» ハリーポッター夢小説 [ハリーポッター夢小説]
ハリーポッターの夢?? [続きを読む]

受信: 2006年12月24日 (日曜日) 午前 09時33分

» 【劇場鑑賞138】硫黄島からの手紙(LETTERS FROM IWO JIMA) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
1945年 硫黄島 アメリカが5日で終わると思っていた戦争を 36日間守り抜いた日本人たちがいた これは彼らの話である [続きを読む]

受信: 2006年12月24日 (日曜日) 午後 10時34分

» 「硫黄島からの手紙」試写会レビュー 私は日本人 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
クリント・イーストウッド監督が撮る戦争映画はこれで完結された。僕は、彼の「父親たちの星条旗」に続く圧倒的なパワーを感じ、自分は日本人だということを感じたのだ。 [続きを読む]

受信: 2006年12月27日 (水曜日) 午後 01時01分

» 硫黄島からの手紙(12月9日公開) [オレメデア]
アメリカで公開された「父親たちの星条旗」に対して,日本で公開されたのが,この「硫黄島からの手紙」 日本とアメリカ,それぞれから見た,第二次世界大戦での硫黄島の戦いを描いている. ----(PR)---------- リンクサービスのお知らせ オレメデアに,あなたのブログ(ホー...... [続きを読む]

受信: 2007年1月12日 (金曜日) 午後 03時34分

» 『硫黄島からの手紙』’06・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
あらすじ戦況が悪化の一途をたどる1944年6月アメリカ留学の経験を持ち、西洋の軍事力も知り尽くしている陸軍中将の栗林忠道(渡辺謙)が本土防衛の最後の砦ともいうべき硫黄島へ。指揮官に着任した彼は、長年の場当たり的な作戦を変更し西郷(二宮和也)ら部下に対す...... [続きを読む]

受信: 2007年2月12日 (月曜日) 午前 12時38分

» 夢小説 書き方 [夢小説 書き方]
夢小説の書き方(ドリーム小説の書き方)といっても通常の小説と実は変わりありません。夢小説ということばをはじめて聞いたかたもいらっしゃるかもしれませんが次のようなものです出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』ドリーム小説( - し...... [続きを読む]

受信: 2007年3月23日 (金曜日) 午前 03時25分

« ・やっぱ高いな…。・進化論 ・柳沢慎吾って最近見ないね。 | トップページ | 猫だけ置いてどっか行け!ひっこーし、ひっこーし! »