« 雨が少ないし、降ったとしても大きな川が無いからすぐ海に流れ出ちゃうんです。(BlogPet) | トップページ | 太秦 化野 帷子ノ辻 糺の森は以前にもここで出した名詞です。覚えてた? »

2006年9月 3日 (日曜日)

ロサンゼルスBB連続殺人事件  …タイトルにはタイトルを。

とりあえずやっと小説のデスノート、最後まで読み終えました。時間はかかりましたが、最近はサークルのせいでじっくり読む時間があまりないから、自分としてはよく最後まで読めたと思っていますよ。

この小説のタイトルは「デスノート ロサンゼルスBB連続殺人事件」ですが、原作の漫画でこの名前が出てきたのは一コマ (しかもどうでもいい語りの部分で)。漫画化やアニメ化、というのは馴染み深いですが自分にしては「ノベライズ」というのは初めてでしたね。漫画の印象が強いので最後まで読み進めることが出来るかと不安に思いながらページをめくっていたのですが…結果から言うと、うん、面白かったです。

キラ事件が始まる約2年前のこの事件をLと美空ナオミが追っていく、というストーリーで それを漫画に登場したある人物が思い出し話のようにノートに書き綴っている…という形式で話が進んでいるんですよね。一つ一つの犯人からのメッセージの真意、謎解きはかなりユニークで面白かったし、第一最初から犯人の名前や最終的な結末を最初に持っていき、なおかつ最後まで読者をハラハラさせる構成の仕方はうまかったです。それともう一つ、「漫画には不可能で小説では可能な引っ掛け」が施されているんですよ。すごく単純で幼稚なトリック(といっていいのか?)ですが、小説ならではの素質を活かして、それに読者は騙され続け、最後のネタ晴らしでの衝撃。(これは絶対にブログでは書けない。この反則的なトリックがこの物語を面白くしている要因そのものですからね。) これはあっぱれものでした。

デスノ特有の心理戦がもっと盛り込まれてればもっと良かったというのもありますが、デスノストーリーの一つとしても単なる推理小説としても十分読むことの出来る小説でした。本当にホリックのほうも読みたくなってきたな…そうか、これが商売戦略ってやつか。

|

« 雨が少ないし、降ったとしても大きな川が無いからすぐ海に流れ出ちゃうんです。(BlogPet) | トップページ | 太秦 化野 帷子ノ辻 糺の森は以前にもここで出した名詞です。覚えてた? »

コメント

話は古畑任三郎のような構成のようですね。

本屋に行くとこの本が必ずわかりやすいところに置かれています。デスノートやHOLiCの人気だけでなく、内容がいいという証拠でしょうね。

投稿: ミラージュ | 2006年9月 4日 (月曜日) 午後 08時23分

はじめまして。
TBありがとうございました。

漫画で名前が一度だけしか出なかった
事件をあそこまでの話に膨らませている
点が見事でしたね。

特にメロによる事件の名称に関して
独自の考察を述べる場面は、
よくぞここまで後付けで意味を
思いついたなあと感心させられました。

投稿: トミー | 2006年9月 5日 (火曜日) 午前 12時45分

TBありがとございます

続編を希望ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

投稿: kojiro | 2006年9月 5日 (火曜日) 午前 10時40分

ミラージュさん>そういえば古畑も構成が凄いですよね。犯人があらかじめ分かっていて、犯人目線で事件を見ていくのはかなり珍しいです。
トミーさん>普通の小説と違った、メロの手紙としての話の動かせ方が本当に凄かったですよね。メロの印象が少し変わりました。
kojiroさん>ぜひ他の2つの事件についても書いてほしいです。かなり好評らしいので実現する…かもしれないですね。

投稿: サヴァイヴ | 2006年9月 5日 (火曜日) 午後 10時31分

TBありがとうございます!
読み終えてから日にちが結構たってしまったので、少し内容を忘れかけてしまったいるのでコレを期にまた読み直そうと思います。
またいつでもブログ覗きにきてください。
では。

投稿: | 2006年9月 5日 (火曜日) 午後 10時50分

TBありがとうございます。
明日から『アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件』を読み始めます。内容面白そうですね、期待しちゃいます。読み終えたら、またコメントしますね。

投稿: yoshiya | 2006年9月 6日 (水曜日) 午後 10時44分

TB有難うございます。
ロサンゼルスBB連続殺人事件って原作にも出てきたんですね。
コミックス人に貸してるので、確認出来なくて悲しい。

確かにホリック欲しくなりました。
フォーマットが同じだから並べたくもなりますよね。

投稿: 野原 | 2006年9月 6日 (水曜日) 午後 11時15分

ぺさん>難しい説明のところも多いので、2回読んでも十分楽しめますよね。ブログ、他の記事もいろいろ読ませていただきますね。

yoshiyaさん>記事を読んでいただいて読もうかと思う、なんて嬉しい限りです。最後までぜひ楽しんでください。

野原さん>確か2巻だったと思います。手元に戻ってきたら是非探してみてください♪
ホリックもカバーは豪華ですし、同じシリーズともあって本当に並べてみたくなりますね。

投稿: サヴァイヴ | 2006年9月 8日 (金曜日) 午前 03時25分

ricetta cinese tradizionali, [url=http://sswar.bilbidon.ru/ricetta-cinese-tradizionali/]ricetta cinese tradizionali[/url], economia cinese, [url=http://sswar.bilbidon.ru/economia-cinese/]economia cinese[/url], traduttore cinese, [url=http://sswar.bilbidon.ru/traduttore-cinese/]traduttore cinese[/url], drago cinese, [url=http://sswar.bilbidon.ru/drago-cinese/]drago cinese[/url], italiano cinese, [url=http://sswar.bilbidon.ru/italiano-cinese/]italiano cinese[/url], ristorante cinesi, [url=http://sswar.bilbidon.ru/ristorante-cinesi/]ristorante cinesi[/url], lettera cinesi, [url=http://sswar.bilbidon.ru/lettera-cinesi/]lettera cinesi[/url], simbolo cinesi, [url=http://sswar.bilbidon.ru/simbolo-cinesi/]simbolo cinesi[/url], tattoo nome cinese, [url=http://sswar.bilbidon.ru/tattoo-nome-cinese/]tattoo nome cinese[/url], tattoo nomi cinese, [url=http://sswar.bilbidon.ru/tattoo-nomi-cinese/]tattoo nomi cinese[/url], ristorante cinesi roma, [url=http://sswar.bilbidon.ru/ristorante-cinesi-roma/]ristorante cinesi roma[/url], escort cinese, [url=http://sswar.bilbidon.ru/escort-cinese/]escort cinese[/url], mobile cinese, [url=http://sswar.bilbidon.ru/mobile-cinese/]mobile cinese[/url], sesso cinese, [url=http://sswar.bilbidon.ru/sesso-cinese/]sesso cinese[/url], scrittura cinese, [url=http://sswar.bilbidon.ru/scrittura-cinese/]scrittura cinese[/url], medicina cinese, [url=http://sswar.bilbidon.ru/medicina-cinese/]medicina cinese[/url], nomi in cinese, [url=http://sswar.bilbidon.ru/nomi-in-cinese/]nomi in cinese[/url], massaggio cinese, [url=http://sswar.bilbidon.ru/massaggio-cinese/]massaggio cinese[/url], segno zodiacale cinese, [url=http://sswar.bilbidon.ru/segno-zodiacale-cinese/]segno zodiacale cinese[/url], ombra cinese, [url=http://sswar.bilbidon.ru/ombra-cinese/]ombra cinese[/url], traduzione italiano cinese, [url=http://sswar.bilbidon.ru/traduzione-italiano-cinese/]traduzione italiano cinese[/url], minimoto cinese, [url=http://sswar.bilbidon.ru/minimoto-cinese/]minimoto cinese[/url], porno cinese, [url=http://sswar.bilbidon.ru/porno-cinese/]porno cinese[/url], carattere cinese, [url=http://sswar.bilbidon.ru/carattere-cinese/]carattere cinese[/url], arredamento cinese, [url=http://sswar.bilbidon.ru/arredamento-cinese/]arredamento cinese[/url], ricetta cinesi, [url=http://sswar.bilbidon.ru/ricetta-cinesi/]ricetta cinesi[/url], calendario cinese, [url=http://sswar.bilbidon.ru/calendario-cinese/]calendario cinese[/url], ristorante cinese milano, [url=http://sswar.bilbidon.ru/ristorante-cinese-milano/]ristorante cinese milano[/url], tatuaggio cinesi, [url=http://sswar.bilbidon.ru/tatuaggio-cinesi/]tatuaggio cinesi[/url], alfabeto cinese, [url=http://sswar.bilbidon.ru/alfabeto-cinese/]alfabeto cinese[/url],

投稿: aq2gtes | 2007年4月29日 (日曜日) 午前 05時15分

メロの独白。粧祐に対しての懺悔なしかよ
夜神家の不幸は、90%こいつのせいなのに
それは置いといて、ラストのどんでん返しは驚きでした。

投稿: ミント | 2007年7月20日 (金曜日) 午後 02時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52936/3309737

この記事へのトラックバック一覧です: ロサンゼルスBB連続殺人事件  …タイトルにはタイトルを。:

» 『DEATH NOTE‐ANOTHER NOTE』 西尾維新 [まじょ。のミステリブロ愚]
DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件 著者:西尾 [続きを読む]

受信: 2006年9月 4日 (月曜日) 午後 08時00分

» BOOK>DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件 [RAKUGAKI]
大人気コミック「DEATH NOTE」のノベライズバージョン。コミック版"L"の [続きを読む]

受信: 2006年9月 4日 (月曜日) 午後 10時50分

» 西尾氏ならではのノベライズ 「DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件」 [トミーのエンタメ日記]
昨日、西尾維新氏による「デスノート」のノベライズ、「DEATH NOTE アナザ [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 (火曜日) 午前 12時32分

» DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件/西尾維新 [ながし読み日誌]
DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件 西尾 維新, 大場 つぐみ, 小畑 健 デスノ!! 西尾維新によるノベライズです。 所要時間2時間というところでしょうか。 想像以上にしっかりミステリでした。 ガチンコミステリ一本勝負!って感じ。 そういえば原作のデスノは当然ミステリだった。 舞台はキラ事件前のLA。 ストーリー・テイラーにメロ。 LAで起きた連続殺人事件、都会でならば遺憾ながら珍しくもない殺人事件にLが乗り出す。Lに手足として指... [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 (火曜日) 午前 09時12分

» 読書感想 『ロサンゼルスBB連続殺人事件』 [こんなことあんなこと]
読み終わりました。 [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 (火曜日) 午前 10時41分

» DEATH NOTEアナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件 [今日もだらだら、読書日記。]
DEATH NOTE ANOTHER NOTE発売:2006.8発行:集英社大場 つぐみ原作 / 小畑 健原作 / 西尾 維新著posted with 簡単リンクくん at 2006. 8. 3凄く面白かった!! …けど、なんか感想を書くとすぐにネタバレ領域になってしまいそうで、 感想書くのが難し..... [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 (火曜日) 午前 11時55分

» DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件 [ひなたでゆるり]
DEATH NOTE アナザーノートロサンゼルスBB連続殺人事件西尾 維新大場 つぐみ 小畑 健集英社2006-08-01by G-Tools 〈ノベライズ維新、西尾維新!〉日本小説界の最先端を行く作家・西尾維新が、『DEATH NOTE』を渾身の完全オリジナルノベル化。あなたはLの伝説(ノート)を見る! うわーーーっ、そうきたか!そうだったのか! 見事に騙された者はきっとこう叫ぶに違いない。少なくともそんな人間がここに一人。 コミック「デスノート」のノベライズ版。そのノベライズを西尾... [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 (火曜日) 午後 02時12分

» 西尾維新 「DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件」 [ものづくし。]
DEATH NOTE アナザーノートロサンゼルスBB連続殺人事件posted w... [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 (火曜日) 午後 06時25分

» DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件 [らんぷ座]
ようやく読み終わったわたしは、水を得た魚のよう・・・。メロ!あなたが咬ませ犬、 [続きを読む]

受信: 2006年9月 6日 (水曜日) 午後 11時17分

» アメリカ : マリア・デ・シオ・スキンケア(ロサンゼルス) [海外旅行ツアー 格安・激安で行きたい憧れの地]
ロサンゼルスのサロン「マリア・デ・シオ・スキンケア」では フェイシャルと共に全身... [続きを読む]

受信: 2006年11月 6日 (月曜日) 午前 10時41分

» アメリカ : サミュエル・フレンチ・シアター&フィルム・ブックショップ(ロサンゼルス) [海外旅行ツアー 格安・激安で行きたい憧れの地]
映画好きならぜひ立ち寄りたいブックショップをご紹介します。 映画の街、ロサンゼル... [続きを読む]

受信: 2006年11月 6日 (月曜日) 午後 02時27分

» 『DEATHNOTE ANOTHER NOTE ロサンゼルスBB連続殺人事件』感想 [Ondul Blog ver.2.06]
>『L』になれなかった者たちに捧ぐ鎮魂歌 『これはLの伝説(ノート)であり、僕の遺書(ノート)だ』このコピーは、すばらしい! 初読時よりも2回目に読む時が断然面白い作品といえます。 読む前のアナザーノートへの好感度 75%読み始めてからのアナザーノートへの好感度 ...... [続きを読む]

受信: 2006年12月13日 (水曜日) 午後 02時58分

» DEATH NOTE アナザーノートロサンゼルスBB連続殺人事件 西尾維新 [粋な提案]
DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件 原作は大場つぐみ・小畑建。装丁・本文デザインは斉藤昭+山口美幸(Veia)。イラストレーションは小畑建。 2002年アメリカ・ロサンゼルス。停職中のFBI捜査官、南... [続きを読む]

受信: 2007年1月27日 (土曜日) 午後 12時28分

» DEATH NOTE アナザーノートロサンゼルスBB連続殺人事件 [のびのびするめ烏賊]
タイトル長げぇ~!本文も長くなりそうなので小さめフォントで失礼します。 はい。友達が貸してくれたので読んでみましたっ!いやー特に期待せず読み始めていったのですが、途中からグングン面白くなって加速、あっという間に読み終えてしまいました♪ amazonのレビュー見る限り賛否両論の様ですが、私はかなり好きです。みごとに騙されました。いい意味で悔しい!(笑)もう原作知ってる人は全員騙される様に出来てるね~(笑) ( 以下ネタバレ含むかどうか分からない ) それにしても竜崎ルエの変態っぷりには笑... [続きを読む]

受信: 2007年3月 8日 (木曜日) 午後 11時14分

« 雨が少ないし、降ったとしても大きな川が無いからすぐ海に流れ出ちゃうんです。(BlogPet) | トップページ | 太秦 化野 帷子ノ辻 糺の森は以前にもここで出した名詞です。覚えてた? »