« 香川はうどんしか無いと思われがちですが、実はバトル・ロワイアルの舞台なんです。 | トップページ | 香川はうどんしか無いと思われがちですが、一応夏にはこーゆー夏っぽいことはしてます。 »

2006年8月13日 (日曜日)

香川はうどんしか無いと思われがちですが、うちわの生産高も日本一です……確か。

そうそう、結構前に決まっていたことですがここで言うの、忘れていましたね。交響楽団の次の定期演奏会です。自分の乗り番、すなわち自分が演奏する曲が決定しました。曲名はボロデイン作曲「交響曲第2番ロ短調」、約30分と交響曲としては少し短め、ボロディンの曲はどれも好きなので結構嬉しいです。

「symphony2_1st.wma」をダウンロード

第一楽章、アレグロ。「ダダダダダダダッダーーン」が幾度となく繰り返される楽章です。ディラン効果になって頭に残りそうです。練習のし過ぎ注意。

「symphony2_2nd.wma」をダウンロード

第二楽章、スケルツォ。「ジャーン!」というスケルツォらしくない始まり方ですね。聴いてのとおりバイオリンは大部分がピッツィカートなのであんまり苦ではないはず。

「symphony2_3rd.wma」をダウンロード

第三楽章、アンダンテ。ゆっくりですね。観客の一部の人はここら辺りで眠くなるはず(笑) こっち側が寝たら大変なことですがね。

「symphony2_4th.wma」をダウンロード

第四楽章、フィナーレ。一番面倒臭い楽章です。かなり速いテンポ、しかも最後なので結構疲れそうですが…まだ3ヶ月以上あるんだからまあ何とかなるでしょう。あの悪夢のような初tutti以来まだ一度も練習していませんが、そろそろ地道に頑張っていきましょうか。今回は曲の解説っぽくなっただけですが、この辺で。

|

« 香川はうどんしか無いと思われがちですが、実はバトル・ロワイアルの舞台なんです。 | トップページ | 香川はうどんしか無いと思われがちですが、一応夏にはこーゆー夏っぽいことはしてます。 »

コメント

黄楊が自分っぽいダウンロードしたいです。
すなわちここまで自分みたいな演奏しなかったー。
すなわちロは曲は注意された!

投稿: BlogPetの黄楊 | 2006年8月13日 (日曜日) 午後 03時41分

速めのテンポと全体の力強さが心に響いてきました。しかし、夏の暑さでだらけているときに第三楽章は強敵でもありました。
パソコンのスピーカーが悪いためにいまいち臨場感が伝わってこないので残念です。

投稿: ミラージュ | 2006年8月13日 (日曜日) 午後 05時34分

第三楽章は聞いての通りVnの出番は多くないので目をつぶって聞き入ることも可能ですが、さすがに舞台上でそれは無理でしょう。

演奏側としては四が、聴く側としては三が強敵…つまりこの曲は交響曲として超スタンダードだってことです(笑)

投稿: サヴァイヴ | 2006年8月15日 (火曜日) 午前 04時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 香川はうどんしか無いと思われがちですが、うちわの生産高も日本一です……確か。:

« 香川はうどんしか無いと思われがちですが、実はバトル・ロワイアルの舞台なんです。 | トップページ | 香川はうどんしか無いと思われがちですが、一応夏にはこーゆー夏っぽいことはしてます。 »