« どうでもいい話題2連発です。 | トップページ | 月の終わりの記事は毎回うだうだだなぁ…。 »

2006年5月30日 (火曜日)

何でこんな日に限って直射日光が…。

今日は講義が一つ休講になって午後が完全オフになったので、ここを利用して嵐山に行ってきました! 京都の観光スポットの一つでありながらまだ自分は一度も行ったことが無いので「今しかないだろ」ってな感じで。家からチャリを走らせて京福線というローカル線の始点まで行き、10分ほど電車に乗っていれば着きます。途中「帷子ノ辻(かたびらのつじ)」という所で乗り換えはあるものの、均一200円だし10分ぐらいで着くしアクセスは大変容易です。やっぱり人気スポットとだけあって、京都の下町を感じさせる町並みで大変綺麗なところです。以下、伏見稲荷大社の時みたいに写真を入れながら…。

駅を出て最初に目に飛び込んできたのがこれ。そう、嵐山のタクシーです。お客さんを乗せて兄さんがせっせと行き来していました。はばかりさんどす(笑) あ、言わずもがな、この辺一帯は修学旅行生でごったがえしていました。多分もうピークは過ぎたので、だんだん減っていくとは思いますが。

どうせだったら駕籠(かご)もあったらもっと面白かったのに。

これまた有名な渡月橋(とげつきょう)。この日は京都では直射日光の差す稀に見る快晴なのであまり綺麗には映っていませんが…。こんな日は曇りがちょうどいいです。

ここは山々が見回せて大変清清しいところでした。

ここは世界遺産にも登録されている天龍寺。後醍醐天皇の菩提を弔うために足利尊氏が建てた所らしいのですが・・・とにかく大変広いです。ブラブラと歩き回る予定ではいたのですが、とにかく今日は暑かったので本堂を見るだけにとどめておきました。

渡月橋から天龍寺までの道中にあった三体のお地蔵さん。妙にかわいいです。

 

ここは天龍寺の北門を出たところにある嵯峨野(さがの)の竹林ですね。自分は初めて知ったことですがここは時折ドラマやCMにも登場するところだそうです。

八方全てが竹に囲まれていてここだけは直射日光も当たらず、ひんやりとしていました。

竹林の中に静かに建っている野宮神社(ののみやじんじゃ)です。六条の御息所の娘が伊勢の斎王になるため、身を清めるためにここにこもったという事で源氏物語にも登場した神社だそうな。本当にひっそりとした所にあるのですが、意外と参拝客でにぎわっていました。学問の神がいるということもあってか賽銭箱の前で手を叩く修学旅行性の姿も。勉学に追われている高校生だったら自分も拝んだでしょうが 今は…ね。

しかし…明神鳥居ではなく、神明鳥居の神社って京都ではかなり珍しいな…。何となく「本家」って感じです。

                                                                               .

帰りはトロッコ列車に乗ろうとしたのですが、残念ながら今日は定休日でした。そのためまた竹林や天龍寺横を通るハメになって帰る頃にはもうクタクタでしたが…やっぱりいい所。人気の理由が分かったような気がしました。秋になるともっと美しいらしいので、またその時に行ってみましょうかね。そのときこそトロッコ列車の写真も。

|

« どうでもいい話題2連発です。 | トップページ | 月の終わりの記事は毎回うだうだだなぁ…。 »

コメント

風情のある風景ですね。お地蔵さんや竹林に癒されます。
この間太宰府天満宮に行ったのですが、そちらも風情のある場所でした。今度行ったときにでも写真を撮ってブログに載せようと思います。

投稿: ミラージュ | 2006年6月 1日 (木曜日) 午後 05時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52936/2003609

この記事へのトラックバック一覧です: 何でこんな日に限って直射日光が…。:

» お手軽だけど、効果絶大! [一括投稿ゼット]
格安!激安!アクセスアップならお任せ下さい。手軽に宣伝・アクセスアップができます。 [続きを読む]

受信: 2006年6月11日 (日曜日) 午前 09時04分

» 京都よいとこ [京都よいとこ]
トラックバック失礼します。 京都に38年住んでいるtukaがいいとこいいもん紹介していきますんで今後ともよろしくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2006年7月 9日 (日曜日) 午後 11時40分

« どうでもいい話題2連発です。 | トップページ | 月の終わりの記事は毎回うだうだだなぁ…。 »