« 六道郷って「むつみごう」って読むんですね。…それ以前に名前すらあったとは。 | トップページ | スマスマに「世にも微妙な物語」ってのもあったような…。 »

2006年3月28日 (火曜日)

唯一の残念な点は参拝中雨に降られたこと。無数の鳥居も傘にはなりませんでした。

伏見稲荷大社へ行って参りました! 京都観光は去年こっちに引っ越してきた頃にいろいろ行ってはいたのですが、ここは京都駅のさらに南だったためなかなか行ける機会がありませんでしたが、今日午前中からバスとJRで山をまわりました。

しかし…全国に軽く3万はあるという稲荷神社の総本社だけあって、規模は巨大すぎでした。もう全てが想像以上、まさか山全体が稲荷神社の敷地だったとは。

駅自体がすでに朱色だらけでした。いきなり雰囲気出ています。

稲荷駅から徒歩10秒にある参道入り口。車も楽に通れるほど巨大です。

稲荷といえばこの風景。ここは…そう、地獄少女のOPに出てくる千本鳥居。完全にここがモデルですね。

http://le-mouvement-premier.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/photo_5.JPG

想像以上に長く、鮮やかなトンネルでした。

山の中、延々と続く山道にズラーーーっとこの鳥居が並んでいるんです。和好きな自分は最初は張りきって歩いていたものの、あまりに長すぎて結局引き返してしまいました。 社務所で地図を見ると、まだ半分も行っていなかったことが判明。恐るべし……。

ここに来たらね、一生分の鳥居を…否、来世分も含めた程見た気になりますよ。

もう先が見えません。お先真っ暗です(笑) でも天候のせいもあってか、本当に結構暗いんですよね。登れば登るほどしんみりとしたところで、少し怖くなります。

な…何ィ!? 狐なら何となく分かりますが、ニホンザルですか。期待むなしく、会えたのは猫だけでした。

そしてこれが、かの有名な「おもかる石」です。聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。燈籠の前に立って何か願い事をし、上にある石を持ち上げます。もしそれが叶う願いだったらひょいと持ち上げられるのですが、叶わない願いだと重くて全然持ち上がらない、という伝説でも知られている不思議な石です。

仕掛けは当人の心理に関係しているらしいのですが、自分も「まさかぁ」って思いながらちょっとやってみました。最初は「次回の定期演奏会は成功しますか?」 そう言って持ち上げたところ…重ッ!! 最初に気になる願いをすべきではなかったと後悔しつつ、ここは意地で持ち上げる。

次に…「事故にあうことなく無事に家に帰れますか?」とわざと軽くなりそうなことを言い、確かめてみました。すると…ん、ちょっと軽くなったか? 2回目だから重さを知ったためでしょうか。

そしてもうひとつの言い伝え。石を「重くなれ、重くなれ」と言いながら時計回りにまわします。そして持ち上げるとビクともしない、次に同じ石を「軽くなれ、軽くなれ」と言って逆方向に回すと軽くなる、というなんともオカルトチックなものです。   試してみたのですが…これがまさかの結果!

まず「軽くなれ」と言いながら回して上げると…まあ軽いというわけではないのですが、ちゃんと持ち上がる。そして次に「重くなれ」と言って持ち上げようとしたのですが…これがなんと!

「重ッ!!!」

本当ですって! 本当に重くなったんです!! ビクともしないとは言いませんが、土台の燈籠から離して上げるのがやっと!本当に重さが変わったような感じがします。テレビとかで見たときはヤラセかと思っていたのですが、実際自分がやった時怖くなりました。「え、嘘…」と。自分ってもしかしたら暗示にかかりやすい性格なのかもしれないですね。まさか本当だったとは。いえ、本当ですって!

しかし、本当に何もかもにびっくりな所でした。これは確かに日本一の稲荷大社ですわ。和の雰囲気が好きな人にはたまらない散歩道ですよ。トトロに出てきそうな小川もありましたし。またいつか行ってみたいです。

あ、でも帰りのバスの中で爆睡してしまい、気がついたらもう目的のバス停を過ぎていたときは自分に幻滅してしまいました…。

|

« 六道郷って「むつみごう」って読むんですね。…それ以前に名前すらあったとは。 | トップページ | スマスマに「世にも微妙な物語」ってのもあったような…。 »

コメント

京都いいですよね。中学の修学旅行で清水寺に行きました。
一番の印象はお土産屋のお姉さんの方言がめっちゃ色っぽかったことです。テレビでときどき聞くのは本当なんだと思いました。アホデスネ…。

おもかる石は聞いたことがあります。一度は体験したいと思うので、京都に行った際は絶対やってみようと思います。

そういえば、ブログのコメントありがとうございます。これからもお互い続けていきましょう。

投稿: ミラージュ | 2006年3月29日 (水曜日) 午前 01時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52936/1199244

この記事へのトラックバック一覧です: 唯一の残念な点は参拝中雨に降られたこと。無数の鳥居も傘にはなりませんでした。:

» 京都観光1日目 - 伏見稲荷大社 [KAN'S memo]
今日の予定は、ホテル(京阪深草駅)の近場周り。 ということで、まず伏見稲荷大社に行ってきました。 [続きを読む]

受信: 2006年3月29日 (水曜日) 午後 04時13分

» 第5話 「その 雨の日の素敵は…」 「その 春にみつけたものは…」 [ミラージュ・レポート アニメ独立感想記 〜気分屋によるアニメ感想〜]
はずかしい台詞禁止!? 前作でもあった2本立てです。短編のせいかカットや展開などかなり手が込んでいました。 「その 雨の日の素敵は…」 どこまでも続く鳥居やお稲荷さんなど、今回の神社は伏見稲荷大社だと思われます。フロリアンのようにアクアに移住する際に持ってきたのでしょう。 日本の文化村に船でいけるということは、ネオ・ヴェネチアと日本に割り振られた島は近いということでしょうか。 「その 春にみつけたものは…」 灯里のかぶっていたアリア社長の頭の形をした耳付き帽子とアリアカンパニー水筒袋が... [続きを読む]

受信: 2006年7月29日 (土曜日) 午後 05時09分

» 自動車税と車の税金の情報満載!自動車税情報厳選 [自動車税と車の税金の自動車税NAVI]
自動車税、車の税金、軽自動車税などに関する、役立つ分かりそうで分かりにくい事を厳選してどんどん紹介していきます。よろしくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2006年10月27日 (金曜日) 午後 08時05分

« 六道郷って「むつみごう」って読むんですね。…それ以前に名前すらあったとは。 | トップページ | スマスマに「世にも微妙な物語」ってのもあったような…。 »